Articles

北八ツ彷徨

秋を感じるこの時期に、想い出すのが北八ヶ岳にある『雨池』です

最初に訪れたのが1997年、
その時の『雨池』には、
満々と湛えられているはずの水が渇水していて難なく対岸へ歩いて渡ることができました

第2回目に訪れたのは1998年、
その時の『雨池』は、
水を十分に湛え、周りの景色と湖面に映るその様は、まるで十二単の様相でした

そして第3回目に訪れたのは2001年、
雨池にはいつもの静寂があり、湖面を渡る風が肩をたたき迎え入れてくれました

この『雨池』を、
最初に知るきっかけが、作家山口耀久(あきひさ)氏が綴った36年目の『北八ツ彷徨』です
そこには、こんな言葉で綴られた一節がありました
『実際、こんなに華やかな雨池を私はまだ見たことがない』と、

36年前の自然よりも華やかな様とはいったい???
無性に『雨池』へ行きたくなるではありませんか・・・・・

その場所は、自分にとって、
両手両足を大の字にして寝ころんで時間を満喫し、
一日中居ても飽きのこない魅力的なスポットになったのです


皆さんにも、そんな場所はありますか!!!

ロゴ(文字)

トラックバック一覧

コメント一覧

コメント投稿フォーム

管理者にだけ表示を許可する

Navigations, etc.

Navigations

プロフィール

トミー

Author:トミー
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

管理者ページ


FC2Ad

Template by Yuma's FC2ブログテンプレート